貸金業で過払い金の心配はもうない

貸金業者からお金を借りて過払い金が発生していたのは昔の話で、法律が改正してからはお金を借りても過払いが発生することはありません。
もちろん、法律改正前にお金を借りて必要以上にお金を返していたのならばそれに関して返還請求権を行使することはできます。



では、なぜ過払いなどというものが貸金の際に生じてしまうのでしょうか。

今話題の過払い請求に関する情報を見極め、信頼できる情報を厳選しました。

法律が改正される前は、過払いに関しては利息と金利についての法律が実は二つもありました。

そのどちらを利用するかは貸金業者の自由で、しかも二つの法律には上限金利に差があったのです。
上限金利に差があるということは、片方は必要以上に多くの利息を請求することが出来るということを意味します。この二つの法律によってできた上限金利の差を、貸金業のサービスではグレーゾーンと言いました。

今すぐ見つかるBIGLOBEニュースに関しての情報が閲覧できます。

過払い金の返還請求でお金を返してもらうときにはこのグレーゾーンの範囲のお金を返還してもらいます。

グレーゾーンは、社会的な問題でもあったので当然行政でも問題視されました。
そこで、貸金に関する法律である貸金業法という法律を改正して、二つの法律の内、より金利の小さな法律の方に融資の金利の設定を認めたのです。

金利が高い法律は貸金では使えなくし、消費者がより安全にかつ借りやすいように配慮されました。

こうした結果から、法律が改正した後では安心してお金を借りることが出来るのです。

返還請求をする際には法律的な手段を使う必要があるので、まずは弁護士に事情を話すことが先決です。