過払い金返還請求は専門家に依頼するのが良い

手軽に融資が受けられるサービスとして、貸金業者が行っているカードローンなどを利用したことがある人は多いのではないでしょうか。貸金業者から借り入れをしたことのある人にとっては、過払い金などの広告を見たときに、自分が融資を受けていた分についても過払い金が発生しているかもしれないと感じる人もいるでしょう。

BIGLOBEニュースのココだけの話をしましょう。

2010年の6月より改正貸金業法が施行されたために、貸金業者から融資を受ける仕組みが大きく変わったと言われています。

アコムの過払い金情報サイトをご利用下さい。

改正貸金業法によって、それまで出資法による金利によって融資が行われてきた経緯がありましたが、利息制限法で決められている15%~20%の範囲内の上限金利に統一されることとなりました。


利息制限法の上限金利と出資法の上限金利とでは大きな差があるために、それまでにグレーゾーン金利によって融資を受けてきた人の場合には、利息制限法の上限金利を超える部分について過払い金として返還してもらうことが可能となります。

金利の引き直しが行われる対象の期間としては、完済をしてから10年以内となっているために、自分が取引を行ってきた履歴を確認することで、返還請求が行える人も数多くいることが考えられます。

すでに借り入れた金額について完済をしている場合や、現時点において継続して融資を受けている場合であっても、過払い金返還請求の対象になることが考えられるために、弁護士などの法律家に相談することがおすすめです。

貸金業者は一般人に対して履歴の開示を行わなかったり、交渉に応じないことが考えられるために、専門家に依頼することでスムーズに手続きを進めることが可能となります。