過払いが発生する理由

過払い金という言葉をテレビのコマーシャルや新聞広告、電車の広告などでよく目にします。

過払い金とは、過剰に払い過ぎたお金のことをいいます。

よく広告で目にする過払い金とは、消費者金融やクレジット会社などから借り入れした消費者が、利息制限法に基づいて利息を計算すると多く返済し、払い過ぎたという場合のことです。

だからといって、消費者金融やクレジット会社が法律を守っていなかったわけではありません。日本の法律には貸し付けを行う貸金業者むけの出資法という法律があります。

出資法の上限利率は20パーセントです。

では、利息制限法の上限金利はというと10万円未満は20パーセント、10万円以上100万円未満は18パーセント、100万円以上は15パーセントとなります。

2つの法律があり、消費者金融やクレジット会社は出資法の上限利率をまもり貸し付けを行ってきました。

Ameba Newsに関してとにかく簡単に調べられます。

その結果、2つの上限金利が存在し、過払い金が発生する事態になりました。



平成22年6月の出資法改正前の上限金利は21.9パーセントから29.2パーセントでした。その影響もあり、当時、お金を借りていた消費者の多くに払い過ぎたお金が発生しました。
現在の傾向としては、消費者金融もクレジット会社も利息制限法内の利率で貸し付けを行っています。しかし、さかのぼって計算し、払い過ぎたお金は請求することができます。
請求する際に注意すべき点は貸金業者が現在も存在しているのかという点です。

幅広い分野の過払い金の新しい魅力を紹介します。

貸し付けた会社が破産や再生・更生手続きをとった場合は、全額を取り戻すことができません。