過払い金の返還請求をしたときに生じるデメリット

貸金業者は融資を行うときに金利を付けて貸し付けることになりますが、これには利息制限法という法律によって金利の設定について定められているルールがあります。

法律で定められている金利のことを法定金利といいますが、法定金利の範囲を超えた貸し付けについては、過払い金返還請求によって取り戻すことができます。



貸金業者のカードローンなどのサービスを利用したことのある人や、テレビのCMなどを見たことのある人も多いと思います。
過払い金の返還請求については、本来であれば支払う必要のなかったお金を取り戻す手続きとなりますので、一切のデメリットがないというイメージを持つ人も多いかもしれません。
しかし、過払い金返還請求にも一定のデメリットが生じることを把握しておくことが大切と言えます。

デメリットの1つとしては、返還請求を行った貸金業者からそれ以降借り入れができなくなるという点です。貸金業者によって対応が異なるものとも言えますが、多くの場合で返還請求をした後に借り入れの申込みをしても審査を通過できないことがほとんどです。
また、貸金業者の中には素直に返還に応じることなく、裁判に発展するケースもあります。

ニコスの過払い金の知りたかった情報がきっと見つかります。

その場合に取り戻すまでに時間がかかってしまうという、デメリットも発生します。

返還請求を行った時点において、貸金業者からの借り入れが完済しているときにはブラックリストとして信用情報機関に掲載されることはありませんが、任意整理と同時に行う返還請求の場合にはブラックリストとして掲載されます。

信用情報機関に掲載されたくないときには、貸金業者からの借り入れについて完済してから返還請求を行う必要があります。

はてなブックマークの詳細についてはこちらです。